WEBコンサルティング営業ブランディングメディア ~Wel1(ウェルワン)~ » WEBコンサルティング営業の仕事内容を調査! » WEBコンサルティング営業は未経験でもなれる?

WEBコンサルティング営業は未経験でもなれる?

目次

未経験でWEBコンサルタントになる・転職するのは可能?

WEBコンサルタントは、「WEB業界で活躍してみたい」、「コンサルティング業に興味がある」、と言った方にも人気の職業です。未経験からWEBコンサルタントになる・転職することを目指すにはどのようなものが必要になるのでしょうか。

未経験でも目指せる!資格等の必要もなし

結論から先に言うと、未経験の状態からWEBコンサルタントになることは十分可能です。多くの場合は学歴や経歴についてそこまで深く問われることもなく、必要な資格などもありません。資格やスキルよりも、このお仕事への適性や成果を出せる実務力が重要な職業だといえます。

ただし、もちろん全くの未経験という状態より、営業職やWEB業界への知識はある程度修めておいた方がいいでしょう。

継続して知識を吸収して提案することが大切

WEB業界は変化の激しいジャンルなので、常に新しい知識やノウハウに触れる意識が大切です。最近はユーザーや顧客自体のインターネット知識も上がってきているので、WEBコンサルタントにはさらに高い知識や、説得力のある戦略を組み立てるスキル・提案力が重視されます。マーケティングについての知識習得を常におこなえるマインドが必要な職業です。

WEBコンサルタントに求められるもの

WEBコンサルタントは未経験でも十分目指せる職業ですが、求められる適正やスキルなどを押さえておくことが大切です。どのような能力が重要視されるのかをチェックしてみましょう。

幅広い知識と情報収集力

WEBコンサルタントの仕事を務めるためには、WEB業界だけではなく一般的なマーケティングの理解や、コンサルティングする業界への知識が必要になります。特にWEBの業界は移り変わりも早く常に新しい常識やノウハウが生まれるため、いつもアンテナを張って新しい知識を吸収し続ける情報収集力も大切です。常時WEBコンサルタントとしての勉強や努力を続けられる人であればあるほど、この業界に向いていると言えるでしょう。

数字への強さや分析力

数字と向き合って成果を出していくことが前提なので、データを使った分析や検証も必要になってきます。数値管理や全体を捉えながら物事を分析することが得意な人に向いた職業です。また、問題点を見つけてそれを解決する対処方法を考えられる力も重要視されます。

自分が打ち出した解決策にどれくらいの効果があったのかなどを冷静に分析することや、得た知識を活かしてどのような方向性に持っていくかを思索したりすることなども大切です。

コミュニケーション能力や行動力

WEBコンサルタントには、基本的なマーケティング知識だけではなく、高いコミュニケーションスキルが必須です。どれだけ効果的な施策を打ち出したとしても、クライアントとの信頼関係を築くことができなければコンサルティングのパートナーにはなれません。

自分の考えを話す能力だけではなく、クライアントの要望を丁寧に聞くことができるヒアリング力も必要になってきます。また、考えを実行に移すための行動力も大切です。