WEBコンサルティング営業ブランディングメディア ~Wel1(ウェルワン)~ » WEBコンサルティング営業の仕事内容を調査! » WEBコンサルティング営業のキャリアプランとは

WEBコンサルティング営業のキャリアプランとは

目次

実際にWEBコンサルティング営業になったら、どんなキャリアプランになるのか気になりますよね。ここでは、WEB制作会社、広告代理店、事業会社に就職したケースと、転職・独立したケースでそれぞれのキャリアプランの参考例を紹介します。

CASE1.WEB制作会社でキャリアアップする

WEB制作会社などのコンサルティング営業では、まず基礎となるマーケティング知識を勉強しながら経験値を積んでいくことが大切です。
一通りのWEBマーケティングとしての仕事を覚えてステップアップしていくと、メンバーを引っ張っていくチームリーダーなどにキャリアアップします。チームの第一人者となることで、さまざまな課題解決スキルや施策の立案スキルなどが身につき、さらに高いマーケティング分析力が得られます。
また、中間的なポジションとして、上司や部下それぞれとのコミュニケーションスキルも身に付いていくことでしょう。色々な業界の人と関わることで、広い知識や人脈も手に入ります。リーダーとしての能力に対して評価が高まると、さらに会社の経営層に関わっていくキャリアアップが見えてきます。

CASE2.広告代理店でのキャリアプラン

WEB広告などを取り扱う広告代理店などでも、WEBマーケターとしてのキャリアアップが可能です。最初は予算が小さめなクライアントから担当していき、経験を積むにつれてさまざまな媒体で広告を出す予算が大きい案件を担当できるように成長していきます。
ステップアップしていくと、クライアントを直接担当するのではなく、コンサルティングを担当するメンバーをまとめるチームリーダーなどに就任します。コンサルティングのスキルだけではなくマネジメント能力なども問われる重要なポジションです。そこでの経験が評価されると、さらに上のポジションである広告事業部長や役員へのキャリアアップがあります。

CASE3.事業会社でのキャリアプラン

最初は上司の指導に従いながら、WEBコンサルタントの施策をサポートします。複数のプロジェクトを経験しながら、WEBマーケティングについて知識を蓄えていきます。
さらに経験を積んでいくと、他のメンバーをまとめていくチームリーダーにステップアップします。自社商品やサービスの売り上げを伸ばしながら、メンバーと協力してWEBマーケティングの具体的な施策を打ち出すポジションです。実績が評価されると、事業責任者やCMOへキャリアを進められるでしょう。

CASE4.転職や独立でのキャリアプラン

それぞれの分野で経験を積んでから、別の会社への転職やフリーランスのWEBコンサルタントとして独立するというキャリアプランもあります。一つの会社や業種で培ってきたWEBマーケティングの経験は、他の会社に転職してもフリーランスとして活動してくためにも役立つはずです。